修理

子供の鉛筆削りが壊れたので、修理しました。不具合としては、削ろうとすると鉛筆が空回りして削れません。どうやら鉛筆を固定している部分に問題がある様です。分解して見ると、固定用の3つのカムに回り止めで付いていた黒いゴムが劣化して切れていました。このゴムの代わりになる物を検討した結果、Оリングが良いと思い、ホームセンターに行きました。店員さんに使用目的を伝えると、燃料ホースの方が良いのではとの提案があり、接触面の広さからこちらに決定。カムの幅に合わせてホースを切断しカムにはめ込み組み立ててみると、無事に復活し元通りに削れる様になりました。良かった良かった。




この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ