高菜漬け

一度漬けていた高菜を漬け直します。かさのあった高菜も、ごらんの通り重石でぺしゃんこになって、最初の半分位になっています。これを別の桶にまとめます。この時若干の塩と適量の唐辛子を入れます。塩は天然の海水塩を使い、唐辛子は昨年収穫したものです。今年は200kg弱漬けました。漬物は材料に対する塩の量など人によってそれぞれ決まったものがあるようですが、重石の重さやその年の天気によっても微調整しなければならない、ほとんど職人技のようなものです。これらをマニュアル化するのはかなり難しいと思われます。今の所、物を漬けるのは母がやっていますが、私も少しずつ覚えて行かなければなりません。普通にスーパーで売っている漬物はかなり短時間で出来ているのですが、本当の漬物って「手間」と「時間」が掛かるものなのです。




  1. 今日は美里の入学式でした。親は不安、子供は夢や期待で楽しいばかり。本当に嬉しくてしょうがない様で、ずっとベラベラしゃべっていた一日でした。明日から高級自転車で通学します。それもまた楽しみみたい。

    Comment by ねえちゃん — 2013年4月10日 @ 1:20 AM

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ