渋柿

干し柿用の渋柿を収穫しました。渋柿は私の地域では「おたね柿」と言います。収穫した柿は、枝をT字に揃え皮を剥き、細めの縄に通し寒風にさらし干します。この時期、妙に暖かかったり風が当たらなかったりするとカビが生えてしまいます。また、途中柿を揉む作業を2~3回行い、全体に柔らかくなる様にしないと、美味しい干し柿になりません。干し柿は、早く食べると柔らかく、時間が経てば経つほど固くなります。ですから、干した時間の経過で色んな食感が楽しめます。キムチも同様に、早めに食べるのと時間が経って食べるのとでは、発酵の具合で味が変わります。これと同じですね。




この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ