さつま芋

さつま芋を収穫しました。品種は「紅はるか」「高系14号」「安納芋」問題はこれをいかに上手く保存出来るかです。さつま芋は「低温」と「乾燥」に弱いので、これらを避けられる場所で保存します。今まで色々と試しましたが、現在は野菜苗の育苗ハウスの一角に穴を掘り、埋ける事に落ち着いています。地温は年間を通じて一定温度(15°~18°)で安定しているので、天然の保管庫になります。品種ごとに一空きの米袋に大中小に分け、籾殻を敷いた穴に埋け、上から籾殻を掛けます。更にその上に、藁束を載せゴザを掛けます。後は都度掘り返して出荷します。




この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ